×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



H&Mフリークに捧げる質問36



H&Mフリークに捧げる質問36
※設問への回答は、アニメ・映画・ミュージカル・原作のどこから選んでも構いません。

- シリーズ全般に関する質問です。
1.全シリーズ中、好きなキャラを順に5人挙げてください。

1→天王はるか
2→セーラーウラヌス
3→海王みちる
4→セーラーネプチューン
5→う〜ん・・・せつなさん、かな

2.アニメ「セーラームーン(無印〜スターズ)」を割と真剣に見始めたのは、どのシリーズくらいからでしたか。

「S」から。


3.やはりアニメS編以降のシリーズがあったから、猛烈なセーラームーン・ファンになってしまった(YES/NO)。

YES!
というか、「S」しか真剣にみていない。
あ、でもスターズのはるか登場シーンは気合が入ってます。


4.H&Mをアニメ初視聴したときの第一印象は?

お?なんだこのかっこいいひとは!


5.一番好きなシーンはどこですか。

110話「ウラヌス達の死?タリスマン出現」で、動かないネプチューンを目の前にして、ウラヌスが「ずるいじゃないか、みちる。自分だけの世界に行くなんて・・・」と、うつむいて言うシーン。(な、泣ける)


6.「笑ってしまった」「ツボにはまった」シーンはありますか。またはシリーズ登場キャラのうち、一番笑えるキャラを一人挙げてください。

115話「沈黙の影?あわき蛍火のゆらめき」で、逃げるダイモーン、ウ・トモダチの行く先を見て「しまった!」と慌てて駆けつけるウラヌス。
ほたるちゃんではなく、愛車200GTの身を案じていたのではないかとの疑いが、私の中からどうしても消えない。


7.「思わずぐっときた」「泣きそうになった」シーンはありますか。

110話で、ネプチューンがユージアルからウラヌスを助けようとして、「はるか!」「はるか・・・死なせないわ」と走り寄るシーン。
セーラー戦士姿のときは決して言わなかった本名で呼んでるところが、心が痛むし涙を誘う。
もうひとつ。125話「輝く流星!サターンそして救世主」でセーラーサターンを助けようと、セーラームーンが何度も何度も「クライシスメイクアップ!」「変わってよ!」と叫ぶシーン。
なんかマジで泣けてきた。


8.泣くほどではなかったが、見ていてとても辛かったシーンはありますか。またはシリーズ登場敵キャラ中、一番不憫な死に方をした人を一人挙げてください。

敵キャラの中では、117話「より高くより強く!うさぎの応援」で陸上競技場に現れたダイモーン「ウ・ドウカイ(正しくは不明)」。
ほたるちゃんのことを心配してあげるくらいのいいやつだったのにね。


9.ここ一番の名セリフは?

106話「運命のきずな!ウラヌスの遠い日」ラストシーン。
「君に会えてよかった」「今夜は帰さないぜ」のセリフ。
本心は聞こえないように。照れ隠しにキザなセリフ。
この使い分けが、とってもはるかっぽくて好き。


10.「ちょっと頂けない」「これはNGだろ…」と引いたシーンはありますか。または、あのシーンでは出来ればH&Mにこう言ってほしかったという自作セリフをお答えください。

92話「素敵な美少年?天王はるかの秘密」初めて名乗りをあげるシーンでの「お待ちなさい!」のセリフ。ウラヌスが「お待ちなさい」?
このセリフ、確かにウラヌスも叫んでいる。ネプチューンが無理やり言わせたんだろうか・・・。
95話「恋のおたすけはムーンにおまかせ」で、ホストみたいなカッコで両手を広げてひとこと「愛こそすべてだ〜」と言う姿には呆然としました。
このふたつは、見ザル、言わザル、聞かザルになりたい・・・。


11.「微笑ましく感じた」「見ていて何だか嬉しくなった」シーンはありますか。または、アニメSS編時に2人は一体何をしていたのかを想像してお答えください。

97話「水のラビリンス!ねらわれた亜美」で、亜美がみちるとの競泳で力を加減したことを指摘された後、「あ〜あ、泣かせた」とはるかがみちるをからかうシーン。はるかもみちるも何だか歳相応な感じがしてかわいかった。
それにしてもはるかさん、なにもあんなに高い飛び込み台の上で寝そべらなくてもいいのに・・・。


12.謎の多かったシーンはありますか。または、謎の多かったキャラを敵味方問わずシリーズ登場キャラ中から一人お答えください。

127話「戦士の自覚!強さは純(ピュア)な心の中に」かな。
「S」において主役のはずのはるかさんとみちるさんがEDにしか出てこないって、どういうこと?何回見てもひとコマも出てこない。
え?違う?何が?


13.視聴していてドキッとさせられたシーンはありますか。または、ドキッとするようなセクシーキャラをシリーズ登場キャラの中から一人お答えください。

105話「パワーが欲しい!まこちゃんの迷い道」で、プールサイドではるかとみちるがくつろぐシーン。
はるかさんの水着姿!?と一瞬思って釘付けになったが、しっかり着込んでいた・・・。
115話の最後で変身を解くシーンも。
後姿だけど***な姿でしたよね。


14.シリーズ登場キャラ中、「一人だけさらっていっても良い。」とします。誰をさらい何をしますか?

そりゃもう、はるかさん。
海辺のドライブに連れてってもらいます。もちろん助手席に!(うっとり)
亜美ちゃんも勉強教えてもらいたいので捨て難いけど「お勉強は自分の力でするものよ」といわれちゃいそうだな・・・。


15.実在したら自分とは犬猿の仲になっているだろうキャラとその理由を教えてください。

う〜ん、思いつきません。みんな好きだからなぁ・・・。


16.ファンになったために、何か自分の好みに影響が出たことはありますか。

青色と黄色(または金色)のものが増えた。


17.ファンになったおかげで、実生活で何か役に立ったことがあればお話ください。

いろいろなことがが早く出来るようになった。(はるか小説を書く時間を確保するため)


18.ファンになったせいで、実生活に何か悪影響が出たことがあればお話ください。

子どもとのビデオ鑑賞権の争いが増したこと。


19.オンラインはるみち小説に出会ったのはいつ頃、どのHPででしたか。

2002年10月ごろ。守峰優さまの管理する 「独断的天王はるか情報」にて。


20.「年甲斐もなく、信じられないほど深くH&Mにハマッているなあ…。」と思うことはありますか。思う方は、例えばどんなときに?

思う・・・。
ビデオを見てて(もちろんSの)、子どもが騒いでいたためにはるかのセリフが聞こえなくて「ちょっと!静かにしなさいよ!」と子どもを叱ってる時。


21.ミュージカルにもばっちりハマッている(YES/NO)。YES.の場合はキャスト名を。

YES。高木ナオさん。


22.声優にもバッチリハマッている(YES/NO)。YES.の場合は声優名も。

YES。緒方恵美さん。


23.密かにアニメ続編の制作を期待している(YES/NO)。NO.の場合は理由を。

NO。
ちょうど200で終わったから。なぁんてね。
きれいにまとまって終わってるから。


―ここからは、H&Mファン創作全般に関わる質問です。アニメ研究・同人をやっておられない方は本文のまま、やっておられる方は( )の中の言葉に沿ってご回答ください。

24.H&Mオンリーコミケ等のイベント・OFF会に行ったことはありますか。

NO。そんないいものがあるんですね。


25.メインの内部系戦士5人ではなく、サブの外部系戦士2人を好きな理由を教えてください。

光と影が混在するところが魅力的。


26.あなたにとって海王みちるとは何ですか?

取って代わりたいひと。(いつもはるかさんのそばにいられるから)


27.あなたにとって天王はるかとは何ですか?

目の保養。気持ち的な若さを保つもと。


28.他のアニメや漫画においても、H&Mに類似するコンビをお好きですか?

こんなステキな人たち他にいない。


29.紙のほうのH&Mファン創作物を読んだ(制作した)ことはありますか? ある方、初めて読んだ本のタイトル・著者名・内容等、覚えている限りでお答えください。

ないんです。


30.好きなファン創作小話を教えてください。(例:甘甘な話。クールで大人の雰囲気漂う恋話。救いようがなく暗い恋話etc)

何かをつかみ取れるような奥のある話。


31.反対に、嫌いなファン創作小話は?

ひたすらド〜ン!、バ〜ン!などの羅列されてるもの。(そんなの無いか)
広い意味でフンイキのない話。


32.超過去・過去・現代・未来にまたがった壮大なファン創作物も編まれていますが、どの時代の話が好きですか?

う〜ん・・・、現代、かな。


33.アダルトな小話・イラストも好きですか?

ほどほどに。


34.マンガ、イラスト、小話、人形作り、研究、お宝自慢などの様様なファン形態の中で、どれが一番好きですか?

小説。


35.H&Mは、あなたにとって何でしょう?

なんだろう・・・。生活のハリ・・・かな。


36.最後に、H&Mフリーク活動の今後の抱負をお聞かせください。

悩めるはるか(自称ハムレットはるか)と甘いセリフを並べるはるかを、上手く混在させて書きたいなぁ・・・なんて思ってます。


―お疲れ様でした。ご回答ありがとうございました!


★このテキストはこちらのサイトさまからお借りしました。
『Daydream Generation -into another space-』


>解説




前のページへ
戻る
トップページへ
トップへ