×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

消音はスピーカ部をクリック

music by ERIKA.S

春疾風(ハルハヤテ)

〜花散らす風〜



 午後から降り出した雨がやまないまま、その日は夜を迎えた。
 ボクはひとり外へと出た。
 夜の桜並木に明かりが灯っている。
 きれいな夜桜。
 ボクは一本の桜の木の下に足を運んだ。
 あの日を・・・そう、忘れないために・・・。

 あの日・・・。
 ただひたすらにきれいな満開の桜が、こぼれんばかりのその花を、枝の先にたわわにぶら下げていた。
 そして一本の桜の木の下で、ひとつの命が終わりを告げた。
 忘れない・・・。忘れられない。
 使命のため。
 防がなかった危機。奪い合った輝く結晶。間に合わなかった命。
 輝く結晶を失った身体は待ちきれず、ボクたちの目の前で輝く光の粉と変わってしまった。
 その刹那、風がボクたちの足もとをすくった。
 散ったのは、花びらと・・・そして儚き光の粉・・・。
 突然に降り出した・・・星たちの涙とも思える冷たい雨が、とうに置いてきたはずのボクの心までを震わした。

 忘れない・・・。忘れられない。
 風になりたいと願うボクは、いったいどんな風になりたいのだろう。
 あの時のボクは、春疾風の如くに散らす風・・・。
 今ボクは、いったいどんな風になれるのだろう・・・。


END

>あとがき





前のページへ
戻る
トップページへ
トップへ