×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



トッカータとフーガ ニ短調 BWV565

prelude




  『 - MUSIC of THE EARTH - 』

   空があり 風がある
    風があり 音がある
     音があり 満ちるものがある

   凪いでいたのなら 醒めるのだろう
    渇いていたのなら 創るのだろう
     恐れがあるのなら 予感を抱くのだろう
      煌きがあるのなら いっそうに輝くのだろう

   それは 風の戯れ
    それは 波の微笑み
     それは 森の呼吸
      それは 深海の眠り
       それは 星々の涙

   それは 我が胸の内を震わす
   




プレリュード END



>プレリュード >前編 >中編 >後編  >コーダ >あとがき






前のページへ
戻る
トップページへ
トップへ